ネガティブキャンペーン考


 昨夜は、マンション姐さんの X さんご夫妻をお誘いし、
徒歩圏内の美味しい中華料理屋さんに参りました。

 このご夫妻は、このマンションに来てすぐにお友達になり、
折に触れ、お招き下さるお兄さんお姉さんです。

 X 姐さんは、とっても優しく、楽しい方で、
しかも営業上手!
 
 所属するマンションのコーラス部にも、
姐さんのお誘いで入部した方がた~くさん。。。

 そして、私も、姐さんにご紹介頂いたお友達がた~くさん。。。

 マンションでは上下の関係ですので、
リビングに穴を開けて、室内で行き来したいほどだと
よくお話をしています。

 色々なご近所トラブルが報道される昨今、
終の棲家と決めている今の家でご近所に恵まれるのは、
幸運としか言い様がありません。

 さて、報道といえば・・・。

 昨日予告させて頂いたお話は、1日延期させて頂き、
今朝、ちょっと気になった報道のお話を・・・。

 あまり気にはしていなかったのですが、
今朝のワイドショーで、
最近世間で話題になっているという、ある女性アナウンサーの報道に触れました。

 若い頃から憧れて、努力をされて、いわゆる「局アナ」になったというその方は、
先ごろ、その仕事を辞められたそうです。

 理由が挙げられていて、
スタジオでは、色々な意見が交換されていましたが、
その交換には触れられていなかったことが、
私は気になりました。

 彼女の「適応障害」の一因には、
仕事仲間の「嘘」にあると思います。

 その「嘘」がきっかけで、事実ではないことが世間に「まことしやか」に伝わり、
そのことによって、彼女は追い込まれていったように感じています。

 信じていた存在からの「裏切り」や「嘘」は、
何よりも、心が傷つくものです。

 しかし、恐ろしいことに、こういう「負のスパイラル」は、
珍しいことではないのかもしれません。

 ネガティブキャンペーン・・・

 自分の立場を保身、もしくは優位にするために、
こんな、品のないことを、平気で出来る人は、確かにいるのです。

 中には、キャンペーンをしているネガティブな部分が、
本当にそうなのか、自分の思い込みなのかもわからないまま、
行動に起こしている人もいるようですが、
それはそれで、とても愚かなことで、恥ずべき行為です。

 A に B のネガティブな要素を伝える時には、
それが真実かどうかを見極める必要があり、
見極める力が必要なのです。
 
 恩を受けた人に対して、
なんの理由でか、このようなことをする方もいます。

 でも、残念ながら、こういうことをして得た「信用」や「地位」は、
砂上の楼閣に過ぎず、いつか、しかも、とても早い「いつか」、
崩れ去るのです。

 そして、本来自分がいるべき場所だったところにも戻れないのです。

 「逆もまた真なり」という言葉がありますが、
「逆必ずしも真ならず」という言葉もありますね。

 前述の女性のように、ご自身に「非」がなくても「災い」が降ってくることもありますが、
「非」がある人に「災い」が降らないことなど、あるわけがないのです。

 ですから、彼女も、そんな「裏切り」を気に病まず、
ご自身に与えられた時間を有効に活かすべく、
お好きな道を歩まれると良いですよね。

 必ず、幸せを得られます。

 そうは言っても、心の傷は、なかなか癒えないと思いますが・・・
 
 辛いですよね。 本当に・・・ 

 
 よいことも、わるいことも、
神様はご覧になっています。。。

 
 ちゃんと、生きよう!


 明日こそ 「 手話講座 」 のお話をば。。。
 

 






**********************************

ちょっとしたプレゼントに、心を込めたメッセージはいかがですか?

<September Cafe> のオリジナルのグリーティングカードです。

こちらからお買い求め頂けますので、よろしくお願い致します 056.gif

d0249444_12111964.jpg

by sikisaisommeliere | 2016-03-17 13:05 | 日々のあれこれ | Comments(0)