「 僕の死に方 」 彼の生き方 

 
 久し振りの更新です。

 相変わらずの毎日で、
PC に向かう時間がない ・・・ というより、
PC に向かう気持ちにはなれない ・・・と言う方がピッタリします。

 忙殺されるほどの忙しさがあるわけではなく、
「 気持ち 」 の問題ですから、単なる怠け心かもしれません。

 そんな中、数日前から、久し振りの胃痛にしかめっ面をしています。

 余っていたホームドクターに頂いていた胃薬で誤魔化していましたが、
先日受けた検診の結果を聞きに行くついでに、診て頂きました。

 ストレス ・・・ 

 だそうです。。。

 信頼するドクターKですが、
「 月並みな診断 」 だなあと、心の中でウラケンしてしまいました。

 
 ストレスなく暮らしている人なんて、いるんだろうか・・・

 ストレスなく暮らしている日々なんて、私に、あるんだろうか ・・・ です。

 
 とりあえず、お薬を頂いたので、数日中に解放されると思います。

 
 体調が悪いなら、早く寝ろ! とお叱りを頂きそうですが、
珍しく、夜更かしをしてしまいました。

 
 先日来読んでいた本を、どうしても今夜中に読破してしまいたかったからです。

 
 
d0249444_111329.jpg


 
 皆様もご存知だと思いますが、流通ジャーナリスト 金子哲雄さんの最後の著書です。

 
 11月22日 ― いい夫婦の日に上梓されました。


 この日の朝のテレビ番組で偶然知った私は、
主人の実家に向かう途中、泳ぐように3軒の本屋さんをはしごしましたが、未入荷で断念。

 モノを増やさないように気を付けているので、
本は買わずに借りる事にしている昨今の私ですが、
この本だけは、どうしても早く購入し、拝読したいと思ったのです。

 結局26日の月曜日に入手し、いつもは爆睡をする長距離通勤電車の中で読み始めました。

 副題に 「 エンディングダイアリー 500 日 」 とあるように、
主題は金子さんの闘病から旅立ちまでの日々の壮絶な記録で、
本当に心に深く突き刺さるような、それでいて、決して痛々しくない魂の記録という御本でした。

 恐らく、今後、何度も何度もページをめくる、私の人生のテキストになるでしょう。

 けれど、私が何より感動をしたのは、前半に綴られていた
「 流通ジャーナリスト 金子哲雄 」 氏の誕生の記録です。

 元々、金子さんのお話は楽しくて興味深くて大好きでした。

 けれど、これほど様々なことを教えて下さる方だとは ・・・。

 旅立つ準備をされていたことがクローズアップされていましたが、
金子さんの41年間の生き方すべてが輝いていることを教えられました。

 
 奥様との関係も素敵です。

 それだけに、今の奥様のお気持ちを思うと、辛いですが、
きっとずっとご一緒にいらっしゃるのでしょう。

 
 駆け足で読んだのは、数日間実家に帰る主人に渡すためです。

 恐らく、私と同じような感銘を受けてくれると思います。

 
 金子さんに教えて頂いた様々な 「 自分を磨く手法 」 を
実は、少しだけ実践に移し始めている私です。


 更新が滞っている < セルフイベント > が増えそうです。


 金子さんに、少しでも近づきたい ・・・

 オッカケ宣言をしている私です。

  
 頑張らなくちゃ!
 
 
 
 **********************************

ちょっとしたプレゼントに、心を込めたメッセージはいかがですか?

2年前、あるお花屋さんで大好評を頂いた <September Cafe> のカードが、
こんな形で帰って参りました。

こちらからお買い求め頂けますので、よろしくお願い致します 056.gif

d0249444_5294382.jpgd0249444_530832.jpg

by sikisaisommeliere | 2012-12-01 01:29 | 日々のあれこれ | Comments(0)